2016年02月22日

メモ張に

記す

ローマ風呂に
つかり

丸く太った
鍾乳洞のような

モザイクのアーチ
白く固まった何か

あの色は何色か
ゆげと境目のない

顔のある
月と
今夜はじっくりと話した

クラシックの音楽は
チェンバロの
ビザンチンスタイルの
音楽に聞こえたから

そこからは
どうにも
ふらふらになり

誠によい
気持ちになり

裸ではあるけれど
この状態や
今は今でない
今を

振り返らない
状態でありながら
遠くで眺める
美しい光景を

心に留めるだけ
とめておきたいと
思ったのだ

ふやけた足
ローマ風呂に
つけたり
出したりしながら

首の後ろを
マッサージなどして
ぐりぐりと

ぼんやりと
明日のお弁当のこととか

はて

体が軽く
生まれ変わったように
心地よいことなどで

帰りは
ロックをかけながら
高速で走る

止まらずに
走り抜ける
光が
線に見えたり
水玉にみえたりして

R0031033.JPG








posted by kobako at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

sodium

よい
香りかどうかが

重要
以上に
重要である

大きくしていなさい

小さく隠れていなさい

下町の肉屋でおやつに買った

コロッケとメンチ

メロンソーダ

ゴクゴク飲んで

大きなゲップをする

笑う

歩いてるだけで

笑われる

徳だ

勝者には

十分以上に
十分に

R0030810.JPG
続きを読む
posted by kobako at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

枯庭

生命を感じる場所
常に生まれ変わるであろう

内身の美しさは
誰もとがめることができまい

表面の皺が
美しくないという

そうではない
はずでしょう

嫌と言うほど
経済活動

すごい
重箱
視聴率
爆買い

豊かさの戦争

盛って盛っては
もう
勘弁して欲しい

寂しさの
寄せ集めもいらない

庭が教えて
くれる

海の貝殻が
おしえてくれる

ちゃんと
耳をすまして

もう一度でも
何度でも

生まれ変わって

R0030700.JPG

posted by kobako at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

merry

私の前を
帰る二人

足元をてらして

優しさと
思いやりのある
二人なんだと思った

知らない
二人

私は
半分の月に照らされて
帰る

十分に明るい

遠くで
人家のお風呂の香り

少し
どぶ香
少し
バスクリン

ああ
何という営みだろう

涙したくなる

そして
工事現場の雪洞は
まぶしすぎて
全ての色を
失うから

遠くで・・・

R0029883.JPG

posted by kobako at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

ABSTRAIT

やや
ありながら

henry miller
読んでいます。

ビートのままに
ビートニク

吃驚した
一文は
これ 

光線を自己の胸中に
差し込ませることのできる人間だけが
心のなかにあるものを翻訳できる

かれこれ
考えていたことなんだけど

一発で決めるね

珍しく
紙の先を折ってしまった

昼寝の30分前

好きな人は
こんな目線なものだから

大体こんな調子で
いてくれる

いいの
分かったよ 本当に


夕食のしたくするよ

R0028541.JPG




posted by kobako at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする