2018年11月27日

茶碗蒸し そして 愛

面白い
ブログに触発されたので

私も
ブログを書きたくなった

懐かしさのあまり
近頃は作っていないけれど
とても好きなものと言えば
茶碗蒸しなのです。

昨日作って
上手にできたので
今日のお昼も食べた
そしてお昼には
夕食用にも蒸した

子供のころは
2個以上は食べたので
家族分をつくるのに
母や祖母は蒸すのに大変だった
ことと思う。
やはり次の日も食べたいのだった

歳を重ねることにより
昔の思い出という
とてもナイーブで愛すべき個人的な
誰にも侵すことのできない
誰にも舐めてほしくない
食べきりたい
ソフトクリームのような

茶碗蒸しは決してメインには
ならないけれど
美味しく作るには
なかなかの手間がかかるのです。

蒸したても
好きだけれど
一日おいた
茶碗蒸しは
三つ葉がいろ映りした部分を
スプーンですくったときの気分といったら

塩味が強いものより
上品な出汁の甘味があるものが
好みで
田舎くさくていいのです。

具は
鶏肉
シイタケ
かまぼこ
銀杏
三つ葉

鶏のもも肉
干ししいたけは
お醤油とみりんで
煮しめておくのです。

家に茶碗蒸し用の器が
いくつもあったので
遺伝的に
好きなのかもしれません。

そのように
家族の思い出に浸りながら
掃除をしたり
庭の手入れなどしていると

愛したことや
愛されたことなどを
時空をこえて
カプセルの中か
真空の状態になって
日常にいながら
どこかにいってしまうのです。

それは
私にとって
美しい絵画のなかに
入り込んだ時のように
実際は入ったことはないけれど
とても夢見心地で
温かで豊かな時間なのです。

私の作る
料理を
今の私がおもうように
思い出の中に
留めておいていてくれるのかなと
ふと
思ってみたりしています。

R0042942.JPG


posted by kobako at 15:48| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

全部。青い、

 
丁寧な暮らしという
カテゴリーがあるんだな

当時は丁寧な暮らしがしてみたくて
なんとかそのようにして
みたくて

けれど
丁寧な暮らしが
できるようになれば

そんなこと
ことさら
いうことでも
ないんじゃないかなあと

普通に
適当に
したいたいもんだなと

飛び出ている
草木が
梅雨のころから
気にはなっているけれど
消耗することを臆して
向かいあわないでいたのです。

先ずは
ご挨拶をして
家の敷地から
ちょきちょきと
リズムよく始めます。

伸びて高い方にある
全部、青い。
ローズヒップ

どうしても花瓶に挿したくて
よけておくことにした

赤くなってからでは
いけないの

早生でなければ

午前中から始めて
休憩もはさんで
3時にはおしまいにしたけれど

途中ふらふらと
逃げ出したいような
気持ちにもなったりしたけれど
この土地に住むことをおもうと
感謝の気持ちがわいてきた

高いところは
またにして

見上げると
さっぱりとした
気持ちと
清々しい風がふいていた
R0042552.JPG

 

posted by kobako at 01:10| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

とびきり


小さな
かつ丼が
あってもいいよね

ロースかつ角の脂の部分が
好きなんだもん

あとは
ソースの味しかしないし
味のぬけたキャベツでしょう

お腹いっぱいにならない
かつ丼が好き

どうも上品に出来上がってしまうから
しょっぱいみそ汁を作る

帰り道に
詩を書くことができたら
散文を書くことができたら

なんという素敵なことの
共有ができるのに
思いながら 

けれど全く言葉が通じないことか

むしろ同じ言語の共有
ではない人あるいは動物との方が通じ合う気が致しますね。

どうりでな
とか
やっぱりね
とか

帰ってから
おにぎりたべようっと
なんかの 

楽しみなんて
とっても大事なことではないらしいのね

疲れただろうから
3時ごろに
お昼寝したら
とか言ってもらいたいのよ
私は

散歩に行こうかでも
いいのよ

R0033677.JPG






なんという
素敵なことが
共有できるかもしれないのに
とな思いながら




posted by kobako at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

potage

ミルク
イチヂク
無花果ジャム

残暑のかおり

優しい味や色みに反して

急に大きな肉を食べたくなった
わりに焦げている部分と中心部はレア

たき火で
あぶったような
肉を

私の大切にしているシュルレアに
関係なく洗濯機終了のチャイム

避暑は
日陰の大きなソファ
手元に5冊ちょびちょび読みつまむ
まるで
いろんな味のスナック菓子のように

夢にうなされて

感情の無駄遣いで
ぐったり
むっくり起き上がる

3度頭をふる

そして
クッションをぎゅーと抱く

感情のないクッションを
パムセと呼ぶ

この間
サヨナラした
私の神様ミノムシさん

また
来たのね

暫く一緒にくらしましょうね

R0032880.JPG


posted by kobako at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

発光ダイオード

起きて

はっこうだいおーど
知ってるって
子供にきかれた

ああ それね
 しってるわ〜

なんだったかしら
きいたことあるけれど・・・

ああ
え〜っと

なんか
馬糞の発酵してる
土のことだわ
って
知ったかぶりして

ゲラゲラ
笑われた

LEDランプのことらしいわね

起きたけど
また
眠くなっちゃたわ〜

暫くして
お昼寝から目覚めたら

風が強くなって
どんよりして
どんだけすごい台風なのかと思って

お買い物いかなくちゃいけないんだけど

なんとなく
一人でお買い物いくの
怖かったから

子供に
車ごととばされても
知らないからね
って
言ってやったわ

全く
してやったりよ

昔から
台風くるっていうと

なんとなく
興奮するのはなぜかしらね


R0027370.JPG








posted by kobako at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする