2015年11月21日

merry

私の前を
帰る二人

足元をてらして

優しさと
思いやりのある
二人なんだと思った

知らない
二人

私は
半分の月に照らされて
帰る

十分に明るい

遠くで
人家のお風呂の香り

少し
どぶ香
少し
バスクリン

ああ
何という営みだろう

涙したくなる

そして
工事現場の雪洞は
まぶしすぎて
全ての色を
失うから

遠くで・・・

R0029883.JPG

posted by kobako at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする